HOME > 「悲劇ではなく喜劇」の原点。

  • お知らせ
  • Chillin'豆知識
  • キャンペーン
  • スタッフブログ
  • 今日のお客様
  • すべて見る

2020.11.15

「悲劇ではなく喜劇」の原点。

こんにちは⭐︎

 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
「食欲の秋」ということで
 
夏場より若干増量中の
 
チリン雨谷です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
「スポーツの秋」の力を借りて
 
ちょこっと絞ろうと思います。
 
 
 
 
 
さて、前回のブログで
 
https://ameblo.jp/marcy-projects/entry-12636977878.html
 
 
 
 
 
 
 
ご紹介した
 
私の恩師
 
渡辺光昭先生 a.k.a.栄光への架け橋。
 
 
 
 
 
 
ご指導いただいた
 
約10ヶ月の濃密な日々のなかでも
 
一番の思い出は
 
なんと言っても
 
 
 
 
 
 
予備校の校長先生に喫煙バレた事件(笑)
 
 
 
 
 
 
体育・スポーツ系大学を
 
目指す予備校だったので
 
校則に
 
「喫煙者は退学」
 
と明記されており
 
 
 
 
 
 
当時、喫煙者だった私は
 
校長以外の先生方から
 
「校長先生にだけは絶対バレるなよ‼︎」
 
とキツく言われながらも
 
黙認していただていたのですが…
 
 
 
 
 
 
 
 
校舎のあるビルの脇道で
 
予備校のオフィシャルジャージを着た悪友2人と
 
堂々と昼休みに一服してるところを
 
見つかっちゃいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ怖い校長先生だったので
 
「ちょっと来い」
 
と言われ
 
校長室に連れてかれて行く時は
 
 
 
 
 
 
 
さすがに
 
「これはアウトかな〜」
 
と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
校長室に着くと直ちに正座。
 
 
 
 
 
 
 
 
「渡辺先生、こいつら下でタバコ吸ってました」
 
 
 
 
 
 
 
指導役が渡辺先生にスイッチされて
 
少しホッとしたのも束の間
 
 
 
 
 
 
 
 
「お前ら何やってんだ、この野郎‼︎」
 
 
 
 
 
 
 
とフロア中に響き渡る怒声。
 
 
 
 
 
 
 
「うわー、渡辺先生もめっちゃ怒ってる」
 
 
 
 
 
 
 
 
「しかも、この人も怒ると恐いなぁ(汗)」
 
 
 
 
 
 
 
「さすがにシャレにならないかも」
 
と思いながら
 
 
 
 
 
 
 
「喫煙者は退学」
 
という校則が頭をよぎりました。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、考えてみると
 
「大学進学するために入った予備校を
 
退学になるって、今後どうなっちゃうんだ⁇」
 
 
 
 
 
 
 
「予備校を辞めて大学を受験する⁇」
 
 
 
 
 
 
 
そんな事を考えながら
 
恐る恐る、頭を上げると
 
鬼の形相の渡辺先生の
 
怒声が続いていて
 
頭の中は軽くパニック状態(笑)
 
 
 
 
 
 
 
「うわー、どうしよー」
 
 
 
 
 
 
 
どうしていいか分からなくなっていた
 
その時
 
 
 
 
 
 
 
数秒間、シーンと静寂が続き
 
渡辺先生がわれわれの方に
 
一歩踏み出してきました。
 
 
 
 
 
 
 
「わーっ!殴られるかも…」
 
 
 
 
 
 
 
そう、身構えた瞬間
 
 
 
 
 
 
「だから校長先生にはバレるなって言っただろ」
 
 
 
 
 
とわれわれの耳元で囁きました⁉︎
 
 
 
 
 
 
それから
 
また立ち上がって
 
 
 
 
 
 
 
「お前らふざけんじゃねーぞ‼︎」
 
と再び怒声。
 
 
 
 
 
 
そして、またわれわれの方に
 
しゃがみ
 
 
 
 
 
 
 
 
「オレだって、本当はこんな事したくないんだよ」
 
と今度は包み込むような囁き。
 
 
 
 
 
 
 
その後も
 
立ち上がっての怒声と
 
しゃがんでの囁きを繰り返し。
 
 
 
 
 
 
 
アメとムチの1人二役の
 
E難度の離れ技を演じる
 
「世界のwatanabe」の姿を
 
私は俯瞰して
 
 
 
 
 
 
 
緊張感が解けたのか
 
思わず笑いがこみ上げちゃいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
私の両脇で正座していた
 
身長180cm超の悪友
 
OK本とKO介に挟まれながら
 
 
 
 
 
 
 
「絶対笑っちゃダメな場面」
 
と強く自分に言い聞かせながら
 
笑いを堪えますが
 
 
 
 
 
 
それとは裏腹に
 
ドンドン笑いがこみ上げ
 
耐えきれず
 
カタカタと身体を震わす私(笑)
 
 
 
 
 
 
 
両脇の2人も
 
笑いを堪える私に気付き
 
 
 
 
 
 
 
「こいつ、また笑ってやがる‼︎」
 
※この約1ヶ月前、受験への気持ちを引き締めるために行われた先生方の激励を聞く集まりで、私はそのヤラセ感に思わず笑いがこみ上げてしまい、周りから総スカンを受けておりました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
と呟きながらも
 
やがてその笑いが大男2人にも
 
伝播しました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
怒声と囁きのアップダウンを
 
繰り返す渡辺先生と
 
正座しながらカタカタ身体を震わせ
 
笑いを堪える3人という
 
おかしな空気に変わった校長室(笑)
 
 
 
 
 
 
 
とにかく笑いを堪えるのに必死だった私は
 
その後どうやってお説教が終わったか
 
正直、思い出せないのですが
 
退学は免れました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今では笑い話で話せる
 
この事件、経験は
 
振り返って考えると私の
 
「人生は喜劇か、悲劇か」の原点
 
かもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絶対絶命で
 
その状況だけに
 
視点がいっていたら
 
たぶん私もマイナスな事しか
 
思い浮かばなかったかもしれませんが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと視点をズームアウトして
 
俯瞰したら
 
結果、笑い話になった。
 
 
 
 
 
 
 
たぶん、人生とはそういう事なんだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このコロナ禍も
 
まだまだ長い戦いとなりそうですが
 
 
 
 
 
 
 
 
「悲劇ではなく、喜劇。」
 
 
 
 
 
 
 
そう捉えると
 
自然と口角が上がってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな一曲⭐︎ 

{gasDzyrU5mo}

Sugar Soul / ZEEBRA / DJ HASEBE – Siva1999
 
 
 
 
 
 
 
 
【Sugar Soul × ZEEBRA × DJ HASEBE】
 
これぞ無敵の方程式‼︎
 
 
 
 
 
 
 
私の予備校時代のマストな一曲。
 
 
 
 
 
 
1999年は
 
日本のヒップホップが
 
アンダーグラウンドから
 
オーバーグラウンドへと突き破る
 
マグマ沸騰寸前の
 
煮えたぎる年でした。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2020.11.09

できないではなく、どうやったらできるか。(watanabe=栄光への架け橋)

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、代々木で行われた
 
体操の国際大会後の
 
内村航平選手の
 
スピーチに感動した
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以下、一部抜粋です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“国民の皆さんが
 
「五輪ができないのでは」
 
という思いが80%を超えているのが、
 
残念というか
 
しょうがないと思うけど、
 
「できない」ではなく、
 
「どうやったらできるか」
 
を皆さんで考えて、
 
どうにかできるように、
 
そういう方向に変えて欲しいと
 
僕は思います。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“でも、これは
 
非常に大変なことであるというのは
 
僕も承知の上で言っているんですけど、
 
それでも
 
国民の皆さんとアスリートが
 
同じ気持ちでないと、
 
大会はできないと僕は思います。
 
何とかできる、
 
どうにかできるやり方というのが
 
必ずあると思うので、
 
どうか
 
「できない」という風には
 
思わないで欲しいなと思います…”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言葉には
 
「説得力」
 
というのが重要だと
 
私は常々考えていますが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界で数人しか出来ない
 
H難度の鉄棒競技の
 
「ブレットシュナイダー」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年9月の大会では
 
未完成だった
 
この大技を
 
見事に決め
 
優勝した直後の
 
このスピーチは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
優勝という「結果」が
 
「説得力」を
 
もたらしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、一時は
 
内村選手自身の
 
新型コロナウィルス感染が疑われ
 
出場自体も危ぶまれていましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“絶対嘘だ、と思いましたね。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と「偽陽性」の判定に
 
苦笑しつつ答えていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに
 
「天から試されている」
 
かのような状況で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「まさか自分がコロナ」
 
と考え
 
メンタルから
 
コンディションを崩しても
 
おかしくない状況で
 
最善の準備を
 
しっかりして臨んだ国際大会。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体操界のレジェンドが発した
 
「言霊の火」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この火を
 
「希望の聖火」
 
として
 
感じ取った人から人へと
 
リレーしていくこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このことが
 
物事が動き出す
 
ひとつの
 
大きなきっかけとなる
 
予感がしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

※11日(水)は18時コース終了までの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな動画⭐︎

 
ゆず 28年ぶりの王者奪還 男子体操 アテネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横浜出身のデュオ
 
ゆずの曲とともに描かれる
 
美しい放物線
 
「栄光への架け橋」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体操ニッポン復活の象徴である
 
現・順天堂大学体操部コーチ
 
冨田洋之先輩の
 
着地のシーンは
 
当時、中学生だった内村少年に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「最後に鉄棒で着地し、金メダルを取る。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という夢を抱かせたといいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後の演技者である
 
冨田先輩のシーンが
 
どうしても
 
クローズアップされますが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この動画を見ると
 
その前の
 
米田、鹿島両先輩も
 
着地の技は
 
同じ
 
「伸身の新月面(しんしんのしんげつめん」で
 
着地技として
 
よく実施されていたよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前にも
 
このブログで
 
ご紹介しましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この「伸身の新月面」は
 
「watanabe(ワタナベ)」
 
という名称で
 
国際体操連盟のルールブックにも
 
記載されている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の恩師
 
渡辺光昭先生が
 
1983年に
 
ブダペストの国際大会で
 
世界で初めて実施した技。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20年ちょっと前
 
高校の担任から
 
「ウチの高校から誰も合格した事ないのに、
 
全国大会とかの実績のないお前が入れるわけない」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と言われながらもチャレンジし
 
失敗した私は
 
当時、予備校講師もしていた
 
渡辺先生と出会い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「馬刺し」(←名前のマサシからw)
 
「シベリア超特急」(←旧ソ連にいそうな顔からw)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というあだ名を名付け
 
「リベンジ果たそう」
 
と、熱心にご指導いただき
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌年
 
念願の志望校合格という
 
「架け橋」を
 
かけてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「できないではなく、どうやったらできるか。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリンピック開催の是非に限らず
 
大人や指導者が
 
子供や後進に
 
伝え、導く上で
 
大事なこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これからも
 
このシーンや
 
体操の話が出るたび
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「この技はwatanabe。栄光への架け橋。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恩師へのリスペクトを込め
 
私は何度も
 
そうしつこく
 
説明させてもらうことでしょう。

2020.11.07

ラウンジのチリン

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回のブログで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご紹介した映画
 
「とんかつDJアゲ太郎」を観て
 
あらためて
 
オリジナルの漫画版を読み直した
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残念ながら
 
今回の映画版には
 
登場しなかったんですが
 
漫画版の「アゲ太郎」には
 
「ちりん」も
 
登場しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
羅雲寺(ラウンジ)という
 
お寺の僧侶であり
 
京都の夜をチルアウトするDJ
 
智林(チリン)さん‼︎笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
漫画の7巻で
 
関西に遠征に行った
 
アゲ太郎クルーの回で登場します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
老若男女問わず
 
京都の町の人々を
 
「チル」らせる
 
chill guy chillin'(チル ガイ チリン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Chillin’  ama-guy(チリン アマガイ)
 
も嫉妬してしまう
 
ナイスガイ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぜひ映画の続編で
 
「チリン」さんを
 
登場させて欲しいです笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
Justice – D.A.N.C.E 【和訳】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日も
 
映画「とんかつDJアゲ太郎」の
 
劇中曲より。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレンチハウスデュオ
 
Justice(ジャスティス)の
 
 2007年発売の一曲は
 
 
 
 
 
 
 
 
「P.Y.T 」や「A.B.C」など
 
マイケルジャクソン(ジャクソンファイブも)の曲名
 
を散りばめた歌詞が印象的。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私も10年ほど前に
 
主催していたイベントで
 
ハウスやエレクトロを得意としたDJさんに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この曲をかけて
 
「アゲ」て欲しいと
 
リクエストした記憶がある
 
思い出深い一曲でもあります。

2020.11.04

爆笑&感動の話題作⁉︎

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日はお休みをいただき
 
あの‼︎
 
話題の映画を観てきました
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンの待合室にも置いてある漫画
 
「とんかつDJアゲ太郎」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これの
 
実写映画版です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思った以上に
 
キャスティングがハマっていて
 
爆笑の連続でした^_^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
映画の挿入曲も
 
のっけから
 
コチラのB-boyアンセムで
 
思わず身体が揺れました!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何の目的もなく
 
うだつの上がらない
 
渋谷のとんかつ屋3代目の
 
主人公アゲ太郎が
 
ひょんな事から
 
ヒロインとDJ
 
そしてクラブカルチャーの魅力に
 
ロックオン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とんかつもフロアも
 
「アゲ」ることを目標に
 
仲間と共に一念発起します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原作にはない設定で
 
あのDJ KOOさんや
 
ユーチューバーから有名になった
 
フワちゃんなども登場し
 
「アゲアゲ」な内容で
 
ストーリーは突き進んでいきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし
 
DJの師匠であるオイリーさんの
 
ブッキングで実現した
 
念願の初DJで大失敗をし
 
「サゲ」太郎に(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かくいう私も
 
大学生時代
 
ラッパーデビュー戦で
 
苦い思いをしたので
 
感情移入してしまいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもアゲ太郎は
 
仲間の働きかけと
 
とんかつ屋2代目の父の言葉で
 
もう一度這い上がり
 
爆笑と感動のラストへ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この
 
挫折からの這い上がる姿が
 
実は
 
コミック版も映画版も
 
アゲ太郎の魅力のひとつ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回ご紹介した
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「最も貧しい大統領」
 
ホセ・ムヒカ氏も
 
先日の政界引退の際
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「人生の成功とは、
 
勝つことでなく、
 
転ぶたびに立ち上がり、
 
また進むことだ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と後進へメッセージを
 
送っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若くて青いうちは特に
 
アゲ太郎のような失敗をして
 
後に生かすこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが「経験」という力
 
ピースになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
失敗したくない
 
または
 
失敗しないように
 
チャレンジをためらう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな若者に出会うたび
 
そう伝えるとともに
 
私自身、
 
挑戦するモチベーションにしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公開前に
 
この映画の重要なキャストが
 
相次いで
 
トラブルを起こし
 
公開も危ぶまれましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出来上がった映画を観ると
 
そんな事は忘れて
 
笑い飛ばせてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
普段は
 
あまり映画を観ない
 
チリン雨谷ですが
 
「とんかつDJアゲ太郎」は
 
オススメの一本です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに
 
漫画「とんかつDJアゲ太郎」は
 
全11巻
 
チリンWestSide(西口)店に
 
ございますので
 
こちらも
 
施術前後に
 
お楽しみくださいませ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
The Jackson Sisters – I Believe in  Miracles
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも
 
映画からの挿入曲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が18歳の時に
 
この曲を初めて聴いて
 
後に
 
ふと
 
どこかのクラブで
 
流れた時の衝撃と高揚感。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回
 
とんかつDJアゲ太郎を観て
 
その時
 
感じた初期衝動が
 
思い出され
 
クラブに行きたくなりました(笑)

2020.11.01

月の満ち欠けと、羊の皮かぶった狼。

こんにちは☆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日10月31日は
 
今月2度目の満月でしたが
 
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンの雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満月から新月直前までは
 
女性のデトックスやメンテナンスに
 
最適な期間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日から
 
14日(土)までの
 
2週間が◎です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてそんな満月だった昨日、
 
あらためて
 
読み直した一冊から
 
有名な一文を…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“貧乏な人とは、
 
少ししか物を持っていない人ではなく、
 
無限の欲があり、
 
いくらあっても満足しない人のことだ。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「世界でもっとも貧しい大統領」
 
ホセ・ムヒカの言葉より。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月も満ちたら
 
欠けるから
 
よいのであって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ずっと満ちていたら
 
世の中
 
狼男だらけで大変です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「足るをチル(chill)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンで
 
「ひと息、ひと呼吸」
 
入れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒暖差で乱れた
 
自律神経を整えましょう♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
※3日(火・祝)は
 
横浜駅EastSide(東口)店と雨谷は
 
お休みとなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
E.G.G.MAN a.k.a.羊の皮かぶった狼 – TEXT : 日陰の歩き方(Full Moon Wolf Version)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SOUL SCREAM(ソウルスクリーム)のMC
 
E.G.G.MAN(イジジマン)
 
a.k.a.羊の皮かぶった狼の
 
ソロ第二弾から。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レコードの針が落ちる音から
 
イントロのスタートとともに始まる
 
いわゆる
 
「ガヤ入れ」と呼ばれる
 
煽りには
 
SOUL SCREAMのHAB&SHIKI
 
そしてジャパニーズレゲエから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「一生一緒にいてくれや〜」
 
の曲で
 
後に時の人となった
 
三木道三(みきどうざん)も援護射撃。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロデュースはもちろん
 
E.G.G.MANいわく
 
「ラップしたくなる曲を作る」
 
DJ Ceroly(セロリ)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1997年発の
 
満月(Full Moon)に
 
ピッタリな一曲です。

全て見る