HOME > 「悲劇ではなく喜劇」の原点。

  • お知らせ
  • Chillin'豆知識
  • キャンペーン
  • スタッフブログ
  • 今日のお客様
  • すべて見る

2020.11.15

「悲劇ではなく喜劇」の原点。

こんにちは⭐︎

 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
「食欲の秋」ということで
 
夏場より若干増量中の
 
チリン雨谷です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
「スポーツの秋」の力を借りて
 
ちょこっと絞ろうと思います。
 
 
 
 
 
さて、前回のブログで
 
https://ameblo.jp/marcy-projects/entry-12636977878.html
 
 
 
 
 
 
 
ご紹介した
 
私の恩師
 
渡辺光昭先生 a.k.a.栄光への架け橋。
 
 
 
 
 
 
ご指導いただいた
 
約10ヶ月の濃密な日々のなかでも
 
一番の思い出は
 
なんと言っても
 
 
 
 
 
 
予備校の校長先生に喫煙バレた事件(笑)
 
 
 
 
 
 
体育・スポーツ系大学を
 
目指す予備校だったので
 
校則に
 
「喫煙者は退学」
 
と明記されており
 
 
 
 
 
 
当時、喫煙者だった私は
 
校長以外の先生方から
 
「校長先生にだけは絶対バレるなよ‼︎」
 
とキツく言われながらも
 
黙認していただていたのですが…
 
 
 
 
 
 
 
 
校舎のあるビルの脇道で
 
予備校のオフィシャルジャージを着た悪友2人と
 
堂々と昼休みに一服してるところを
 
見つかっちゃいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ怖い校長先生だったので
 
「ちょっと来い」
 
と言われ
 
校長室に連れてかれて行く時は
 
 
 
 
 
 
 
さすがに
 
「これはアウトかな〜」
 
と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
校長室に着くと直ちに正座。
 
 
 
 
 
 
 
 
「渡辺先生、こいつら下でタバコ吸ってました」
 
 
 
 
 
 
 
指導役が渡辺先生にスイッチされて
 
少しホッとしたのも束の間
 
 
 
 
 
 
 
 
「お前ら何やってんだ、この野郎‼︎」
 
 
 
 
 
 
 
とフロア中に響き渡る怒声。
 
 
 
 
 
 
 
「うわー、渡辺先生もめっちゃ怒ってる」
 
 
 
 
 
 
 
 
「しかも、この人も怒ると恐いなぁ(汗)」
 
 
 
 
 
 
 
「さすがにシャレにならないかも」
 
と思いながら
 
 
 
 
 
 
 
「喫煙者は退学」
 
という校則が頭をよぎりました。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、考えてみると
 
「大学進学するために入った予備校を
 
退学になるって、今後どうなっちゃうんだ⁇」
 
 
 
 
 
 
 
「予備校を辞めて大学を受験する⁇」
 
 
 
 
 
 
 
そんな事を考えながら
 
恐る恐る、頭を上げると
 
鬼の形相の渡辺先生の
 
怒声が続いていて
 
頭の中は軽くパニック状態(笑)
 
 
 
 
 
 
 
「うわー、どうしよー」
 
 
 
 
 
 
 
どうしていいか分からなくなっていた
 
その時
 
 
 
 
 
 
 
数秒間、シーンと静寂が続き
 
渡辺先生がわれわれの方に
 
一歩踏み出してきました。
 
 
 
 
 
 
 
「わーっ!殴られるかも…」
 
 
 
 
 
 
 
そう、身構えた瞬間
 
 
 
 
 
 
「だから校長先生にはバレるなって言っただろ」
 
 
 
 
 
とわれわれの耳元で囁きました⁉︎
 
 
 
 
 
 
それから
 
また立ち上がって
 
 
 
 
 
 
 
「お前らふざけんじゃねーぞ‼︎」
 
と再び怒声。
 
 
 
 
 
 
そして、またわれわれの方に
 
しゃがみ
 
 
 
 
 
 
 
 
「オレだって、本当はこんな事したくないんだよ」
 
と今度は包み込むような囁き。
 
 
 
 
 
 
 
その後も
 
立ち上がっての怒声と
 
しゃがんでの囁きを繰り返し。
 
 
 
 
 
 
 
アメとムチの1人二役の
 
E難度の離れ技を演じる
 
「世界のwatanabe」の姿を
 
私は俯瞰して
 
 
 
 
 
 
 
緊張感が解けたのか
 
思わず笑いがこみ上げちゃいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
私の両脇で正座していた
 
身長180cm超の悪友
 
OK本とKO介に挟まれながら
 
 
 
 
 
 
 
「絶対笑っちゃダメな場面」
 
と強く自分に言い聞かせながら
 
笑いを堪えますが
 
 
 
 
 
 
それとは裏腹に
 
ドンドン笑いがこみ上げ
 
耐えきれず
 
カタカタと身体を震わす私(笑)
 
 
 
 
 
 
 
両脇の2人も
 
笑いを堪える私に気付き
 
 
 
 
 
 
 
「こいつ、また笑ってやがる‼︎」
 
※この約1ヶ月前、受験への気持ちを引き締めるために行われた先生方の激励を聞く集まりで、私はそのヤラセ感に思わず笑いがこみ上げてしまい、周りから総スカンを受けておりました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
と呟きながらも
 
やがてその笑いが大男2人にも
 
伝播しました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
怒声と囁きのアップダウンを
 
繰り返す渡辺先生と
 
正座しながらカタカタ身体を震わせ
 
笑いを堪える3人という
 
おかしな空気に変わった校長室(笑)
 
 
 
 
 
 
 
とにかく笑いを堪えるのに必死だった私は
 
その後どうやってお説教が終わったか
 
正直、思い出せないのですが
 
退学は免れました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今では笑い話で話せる
 
この事件、経験は
 
振り返って考えると私の
 
「人生は喜劇か、悲劇か」の原点
 
かもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絶対絶命で
 
その状況だけに
 
視点がいっていたら
 
たぶん私もマイナスな事しか
 
思い浮かばなかったかもしれませんが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと視点をズームアウトして
 
俯瞰したら
 
結果、笑い話になった。
 
 
 
 
 
 
 
たぶん、人生とはそういう事なんだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このコロナ禍も
 
まだまだ長い戦いとなりそうですが
 
 
 
 
 
 
 
 
「悲劇ではなく、喜劇。」
 
 
 
 
 
 
 
そう捉えると
 
自然と口角が上がってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな一曲⭐︎ 

{gasDzyrU5mo}

Sugar Soul / ZEEBRA / DJ HASEBE – Siva1999
 
 
 
 
 
 
 
 
【Sugar Soul × ZEEBRA × DJ HASEBE】
 
これぞ無敵の方程式‼︎
 
 
 
 
 
 
 
私の予備校時代のマストな一曲。
 
 
 
 
 
 
1999年は
 
日本のヒップホップが
 
アンダーグラウンドから
 
オーバーグラウンドへと突き破る
 
マグマ沸騰寸前の
 
煮えたぎる年でした。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2020.11.09

できないではなく、どうやったらできるか。(watanabe=栄光への架け橋)

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、代々木で行われた
 
体操の国際大会後の
 
内村航平選手の
 
スピーチに感動した
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以下、一部抜粋です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“国民の皆さんが
 
「五輪ができないのでは」
 
という思いが80%を超えているのが、
 
残念というか
 
しょうがないと思うけど、
 
「できない」ではなく、
 
「どうやったらできるか」
 
を皆さんで考えて、
 
どうにかできるように、
 
そういう方向に変えて欲しいと
 
僕は思います。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“でも、これは
 
非常に大変なことであるというのは
 
僕も承知の上で言っているんですけど、
 
それでも
 
国民の皆さんとアスリートが
 
同じ気持ちでないと、
 
大会はできないと僕は思います。
 
何とかできる、
 
どうにかできるやり方というのが
 
必ずあると思うので、
 
どうか
 
「できない」という風には
 
思わないで欲しいなと思います…”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言葉には
 
「説得力」
 
というのが重要だと
 
私は常々考えていますが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界で数人しか出来ない
 
H難度の鉄棒競技の
 
「ブレットシュナイダー」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年9月の大会では
 
未完成だった
 
この大技を
 
見事に決め
 
優勝した直後の
 
このスピーチは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
優勝という「結果」が
 
「説得力」を
 
もたらしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、一時は
 
内村選手自身の
 
新型コロナウィルス感染が疑われ
 
出場自体も危ぶまれていましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“絶対嘘だ、と思いましたね。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と「偽陽性」の判定に
 
苦笑しつつ答えていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに
 
「天から試されている」
 
かのような状況で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「まさか自分がコロナ」
 
と考え
 
メンタルから
 
コンディションを崩しても
 
おかしくない状況で
 
最善の準備を
 
しっかりして臨んだ国際大会。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体操界のレジェンドが発した
 
「言霊の火」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この火を
 
「希望の聖火」
 
として
 
感じ取った人から人へと
 
リレーしていくこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このことが
 
物事が動き出す
 
ひとつの
 
大きなきっかけとなる
 
予感がしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

※11日(水)は18時コース終了までの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな動画⭐︎

 
ゆず 28年ぶりの王者奪還 男子体操 アテネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横浜出身のデュオ
 
ゆずの曲とともに描かれる
 
美しい放物線
 
「栄光への架け橋」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体操ニッポン復活の象徴である
 
現・順天堂大学体操部コーチ
 
冨田洋之先輩の
 
着地のシーンは
 
当時、中学生だった内村少年に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「最後に鉄棒で着地し、金メダルを取る。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という夢を抱かせたといいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後の演技者である
 
冨田先輩のシーンが
 
どうしても
 
クローズアップされますが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この動画を見ると
 
その前の
 
米田、鹿島両先輩も
 
着地の技は
 
同じ
 
「伸身の新月面(しんしんのしんげつめん」で
 
着地技として
 
よく実施されていたよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前にも
 
このブログで
 
ご紹介しましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この「伸身の新月面」は
 
「watanabe(ワタナベ)」
 
という名称で
 
国際体操連盟のルールブックにも
 
記載されている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の恩師
 
渡辺光昭先生が
 
1983年に
 
ブダペストの国際大会で
 
世界で初めて実施した技。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20年ちょっと前
 
高校の担任から
 
「ウチの高校から誰も合格した事ないのに、
 
全国大会とかの実績のないお前が入れるわけない」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と言われながらもチャレンジし
 
失敗した私は
 
当時、予備校講師もしていた
 
渡辺先生と出会い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「馬刺し」(←名前のマサシからw)
 
「シベリア超特急」(←旧ソ連にいそうな顔からw)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というあだ名を名付け
 
「リベンジ果たそう」
 
と、熱心にご指導いただき
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌年
 
念願の志望校合格という
 
「架け橋」を
 
かけてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「できないではなく、どうやったらできるか。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリンピック開催の是非に限らず
 
大人や指導者が
 
子供や後進に
 
伝え、導く上で
 
大事なこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これからも
 
このシーンや
 
体操の話が出るたび
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「この技はwatanabe。栄光への架け橋。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恩師へのリスペクトを込め
 
私は何度も
 
そうしつこく
 
説明させてもらうことでしょう。

2020.11.07

ラウンジのチリン

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回のブログで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご紹介した映画
 
「とんかつDJアゲ太郎」を観て
 
あらためて
 
オリジナルの漫画版を読み直した
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残念ながら
 
今回の映画版には
 
登場しなかったんですが
 
漫画版の「アゲ太郎」には
 
「ちりん」も
 
登場しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
羅雲寺(ラウンジ)という
 
お寺の僧侶であり
 
京都の夜をチルアウトするDJ
 
智林(チリン)さん‼︎笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
漫画の7巻で
 
関西に遠征に行った
 
アゲ太郎クルーの回で登場します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
老若男女問わず
 
京都の町の人々を
 
「チル」らせる
 
chill guy chillin'(チル ガイ チリン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Chillin’  ama-guy(チリン アマガイ)
 
も嫉妬してしまう
 
ナイスガイ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぜひ映画の続編で
 
「チリン」さんを
 
登場させて欲しいです笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
Justice – D.A.N.C.E 【和訳】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日も
 
映画「とんかつDJアゲ太郎」の
 
劇中曲より。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレンチハウスデュオ
 
Justice(ジャスティス)の
 
 2007年発売の一曲は
 
 
 
 
 
 
 
 
「P.Y.T 」や「A.B.C」など
 
マイケルジャクソン(ジャクソンファイブも)の曲名
 
を散りばめた歌詞が印象的。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私も10年ほど前に
 
主催していたイベントで
 
ハウスやエレクトロを得意としたDJさんに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この曲をかけて
 
「アゲ」て欲しいと
 
リクエストした記憶がある
 
思い出深い一曲でもあります。

2020.11.04

爆笑&感動の話題作⁉︎

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日はお休みをいただき
 
あの‼︎
 
話題の映画を観てきました
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンの待合室にも置いてある漫画
 
「とんかつDJアゲ太郎」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これの
 
実写映画版です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思った以上に
 
キャスティングがハマっていて
 
爆笑の連続でした^_^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
映画の挿入曲も
 
のっけから
 
コチラのB-boyアンセムで
 
思わず身体が揺れました!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何の目的もなく
 
うだつの上がらない
 
渋谷のとんかつ屋3代目の
 
主人公アゲ太郎が
 
ひょんな事から
 
ヒロインとDJ
 
そしてクラブカルチャーの魅力に
 
ロックオン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とんかつもフロアも
 
「アゲ」ることを目標に
 
仲間と共に一念発起します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原作にはない設定で
 
あのDJ KOOさんや
 
ユーチューバーから有名になった
 
フワちゃんなども登場し
 
「アゲアゲ」な内容で
 
ストーリーは突き進んでいきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし
 
DJの師匠であるオイリーさんの
 
ブッキングで実現した
 
念願の初DJで大失敗をし
 
「サゲ」太郎に(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かくいう私も
 
大学生時代
 
ラッパーデビュー戦で
 
苦い思いをしたので
 
感情移入してしまいました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもアゲ太郎は
 
仲間の働きかけと
 
とんかつ屋2代目の父の言葉で
 
もう一度這い上がり
 
爆笑と感動のラストへ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この
 
挫折からの這い上がる姿が
 
実は
 
コミック版も映画版も
 
アゲ太郎の魅力のひとつ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回ご紹介した
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「最も貧しい大統領」
 
ホセ・ムヒカ氏も
 
先日の政界引退の際
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「人生の成功とは、
 
勝つことでなく、
 
転ぶたびに立ち上がり、
 
また進むことだ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と後進へメッセージを
 
送っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若くて青いうちは特に
 
アゲ太郎のような失敗をして
 
後に生かすこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが「経験」という力
 
ピースになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
失敗したくない
 
または
 
失敗しないように
 
チャレンジをためらう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな若者に出会うたび
 
そう伝えるとともに
 
私自身、
 
挑戦するモチベーションにしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公開前に
 
この映画の重要なキャストが
 
相次いで
 
トラブルを起こし
 
公開も危ぶまれましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出来上がった映画を観ると
 
そんな事は忘れて
 
笑い飛ばせてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
普段は
 
あまり映画を観ない
 
チリン雨谷ですが
 
「とんかつDJアゲ太郎」は
 
オススメの一本です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに
 
漫画「とんかつDJアゲ太郎」は
 
全11巻
 
チリンWestSide(西口)店に
 
ございますので
 
こちらも
 
施術前後に
 
お楽しみくださいませ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
The Jackson Sisters – I Believe in  Miracles
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも
 
映画からの挿入曲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が18歳の時に
 
この曲を初めて聴いて
 
後に
 
ふと
 
どこかのクラブで
 
流れた時の衝撃と高揚感。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回
 
とんかつDJアゲ太郎を観て
 
その時
 
感じた初期衝動が
 
思い出され
 
クラブに行きたくなりました(笑)

2020.11.01

月の満ち欠けと、羊の皮かぶった狼。

こんにちは☆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日10月31日は
 
今月2度目の満月でしたが
 
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンの雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満月から新月直前までは
 
女性のデトックスやメンテナンスに
 
最適な期間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日から
 
14日(土)までの
 
2週間が◎です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてそんな満月だった昨日、
 
あらためて
 
読み直した一冊から
 
有名な一文を…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“貧乏な人とは、
 
少ししか物を持っていない人ではなく、
 
無限の欲があり、
 
いくらあっても満足しない人のことだ。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「世界でもっとも貧しい大統領」
 
ホセ・ムヒカの言葉より。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月も満ちたら
 
欠けるから
 
よいのであって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ずっと満ちていたら
 
世の中
 
狼男だらけで大変です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「足るをチル(chill)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンで
 
「ひと息、ひと呼吸」
 
入れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒暖差で乱れた
 
自律神経を整えましょう♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
※3日(火・祝)は
 
横浜駅EastSide(東口)店と雨谷は
 
お休みとなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
E.G.G.MAN a.k.a.羊の皮かぶった狼 – TEXT : 日陰の歩き方(Full Moon Wolf Version)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SOUL SCREAM(ソウルスクリーム)のMC
 
E.G.G.MAN(イジジマン)
 
a.k.a.羊の皮かぶった狼の
 
ソロ第二弾から。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レコードの針が落ちる音から
 
イントロのスタートとともに始まる
 
いわゆる
 
「ガヤ入れ」と呼ばれる
 
煽りには
 
SOUL SCREAMのHAB&SHIKI
 
そしてジャパニーズレゲエから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「一生一緒にいてくれや〜」
 
の曲で
 
後に時の人となった
 
三木道三(みきどうざん)も援護射撃。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロデュースはもちろん
 
E.G.G.MANいわく
 
「ラップしたくなる曲を作る」
 
DJ Ceroly(セロリ)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1997年発の
 
満月(Full Moon)に
 
ピッタリな一曲です。

2020.10.21

新型コロナウイルスがメンタルヘルスに及ぼした影響(東京都医師会の記者会見から)

こんにちは⭐︎

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「読書の秋」ということで
 
「飽き」もせず
 
貪るように書を読み漁っている
 
チリン雨谷です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の読書スイッチが
 
「ON」になったのは
 
27歳で独立して
 
時間をコントロールしやすくなったのと
 
自分の無知に危機を感じたのが
 
きっかけでしたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
振り返ってみると
 
スポーツの本や
 
新聞を読む習慣は
 
学生時代からあったので
 
文字を読むことへの抵抗は
 
少なかったようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このコロナ禍で
 
ステイホームなどで
 
時間ができ
 
周りに振り回されず没頭できる
 
読書の価値を再認識しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて
 
このコロナ禍の
 
最大のポイントとして
 
私が挙げたのが
 
学び始めて3年になる
 
「メンタルヘルス」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
精神・心の「健康」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのメンタルヘルスについて
 
先週
 
東京都医師会の記者会見で
 
「新型コロナウイルス感染症が
メンタルヘルスに及ぼした影響」
 
についての分析が発表されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平川博之副会長は
 
「数え上げたらきりがないが、
さまざまな影響が出ている。」
 
と言及し、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月以来、
 
メンタルヘルス相談は一貫して増加、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別の自殺者数は
 
8月に入って増加
 
20代未満で前年比2倍以上
 
40歳未満の女性で
 
前年比76.6%増と
 
大幅に増加していると指摘しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この報告で
 
私が1番共有したいのが
 
「もしも身近な人から
自殺念慮を打ち明けられたら」
 
に対する具体的対応と心構えです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
①心配していることを
 明確に言葉に出して伝える
 
②自殺しようとしていることを感じたら、
 はっきりその点について訊ねる
(真剣に正しく対応すれば、
自殺を話題にすることは危険ではなく、
自殺予防の第一歩となる)
 
③つい「それはないよ」
「それは間違っているよ」など
自分の言葉を挟みたくなるが、
相手の気持ちをとにかく拝聴する。
絶望的な気持ちを真剣に聞き、
本人の気持ちにひたすら寄り添う
(ただし、一人では抱え込まない)
 
④危ないな、目が離せないと感じたら、
その人を決して一人にせず、
安全を確保したうえで必要な対処をする
(確実に相談機関、精神科等の専門医療につなげる)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは
 
私が掲げる
 
「全ての人は、カウンセラー。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
を実践するのに
 
大変役立つと考えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また平川副会長は
 
「聞いてはまずいのではないかと
 
思うかもしれないが、
 
真剣に話を聞くことにすれば
 
まったく問題はなく、
 
反対に自殺を防ぐことができる。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「私も臨床経験の中で
 
『あの時もっと踏み込んでおけば』
 
『あの時、嫌われても、もっと引き止めておけば』
 
という経験は、ままある。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と真剣な表情で訴えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
然るべき機関の
 
然るべき立場にある方が
 
自身の臨床経験と後悔を加えて
 
このような発信をされた事は
 
とても貴重で素晴らしいことだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新型コロナウイルスの影響を
 
プラスに変えられるよう
 
まずは
 
われわれ一人ひとりの
 
身近な存在から
 
真剣に向き合いましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
RIP SLYME – 白日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“何もかもが真っ白
 
今日は何もしなくてもいいよ”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RIP SLYMEの
 
ファーストアルバムから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに
 
Chillin’ な一曲です⭐︎

2020.10.20

13年ぶりと、頂点目指すルートに、、、

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日テレビで
 
母校・順天堂大学の
 
箱根駅伝予選会優勝に遭遇した
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
予選会とはいえ
 
優勝する順大を観たのは
 
いつぶりでしょう⁉︎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしかしたら
 
初代「山の神」
 
今井正人選手を擁し
 
箱根を制した
 
2007年以来かも知れません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実に、13年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
調べてみたら
 
順大が1966年に

箱根駅伝を初めて制し

 
2度目の優勝を果たすまでも
 
13年かかったようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリン横浜駅EastSide(東口)店の
 
本棚に眠っていた
 
こちらの雑誌から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
順大11回の優勝中
 
9回を指揮した名伯楽
 
澤木啓祐(さわきけいすけ)先生の
 
対談の一部を…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“コーチになってからは
 
4(位)、3、2と来て、
 
次の年は勝てるかな
 
と思ったら5番。
 
翌年は4番、
 
ああこれは大変だな、
 
チームの意識改革が必要だなって。
 
そして、
 
上位のチームがやっていないこと
 
さらにやらなければいけない
 
と思いました。
 
〜中略〜
 
あとはメンタルを
 
何年かかけて
 
変えさせる試みはしてました。
 
500項目のメンタルテスト
 
活用していました。
 
これは
 
私が陸連の強化委員長であった
 
アテネ五輪のときにも活用した方法です。
 
例えば、
 
全日本大学駅伝のときに結果が悪かった。
 
それから2か月で箱根がある。
 
全日本の前のテストの結果を見て
 
どういうふうに
 
この学生を変えていけばいいのか、
 
どういう言葉掛けが必要なのか、
 
それは私が考えるのではなく、
 
専門家からアドバイスをいただいていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの澤木先生ですら
 
簡単には勝てないと悟り
 
チームの意識改革に
 
メンタルからもアプローチしていた、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また
 
500項目のメンタルテスト
 
と聞いて
 
多すぎると思った方も
 
いらっしゃるかも知れませんが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我がメンタルヘルスの師
 
久保田浩也メンタルヘルス総合研究所代表が
 
日本生産性本部在籍時に主導し
 
1980年
 
世界で初めて開発された
 
「心の定期健康診断システム」である
 
JMI ( Japan MentalHealth Inventory )は
 
56の尺度、596項目で
 
構成されています。
 
(※現在、公益財団法人・日本生産性本部が扱うJMIは4領域400項目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現代の名伯楽
 
青山学院大学の原晋(はらすすむ)監督をして
 
「学生時代に戻れたら学びたい人」
 
として挙げられる澤木先生と、
 
その科学的アプローチ法。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その薫陶を
 
前回優勝メンバーであり
 
現在の順大駅伝監督
 
長門監督も
 
もちろん受けているでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
箱根は順天堂のアイデンティティー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
OBの沿道の観戦に
 
自粛要請が出ている
 
来年のお正月は特に
 
テレビの前から
 
離れられない予感がしてます(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
KREVA feat. ZORN – タンポポ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【KREVA】
“何回だって言う l have a 理想
 
何が悪りぃの? ハワイかバリ島
 
で貝殻拾うリゾート気分…”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【ZORN】
“美女のモデルとか
 
リゾートホテルより
 
味噌と米ありゃ
 
理想と呼べる…”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という歌詞で始まる
 
それぞれの小節。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“理想を言おうよ、今だからこそ
 
現実の中で見れる夢、宝物
 
常にそう、ステージ上、有言実行
 
胸に問う、夢、理想
 
ちゃんと口にしよう何度も何度も
 
コンクリート破りまた花咲かすタンポポ
 
やがては枯れ、綿毛
 
でも離れた場で、また芽出す”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という曲名「タンポポ」
 
にかけたサビ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
3小節目のラストの掛け合いでは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂点目指すルートに無い正解
 
未来へ期待ずっと抱いていたい
 
年少(少年院)の独房
 
慶應(大学)を卒業
 
今交わるデコボコのオフロード”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前
 
私が大学在学中
 
順大駅伝部が
 
頂点を争っていた話を載せたブログで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
KREVAが在籍していた
 
ラップグループ
 
Kick The Can Crew(キックザカンクルー)の
 
「タカオニ2000」
 
という曲のサビにも
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂点へ挑戦だ
 
オレらは腕磨く
 
無限の冒険家
 
まだまだ高く”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と「頂点」というワードが入っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
共に江戸川区出身
 
「慶應を卒業」のKREVAと
 
「年少の独房」育ちのZORN。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は母校の話題をしましたが
 
社会に出ると
 
どこの学校出身かより
 
どこの地方出身かが
 
役立つ時も
 
多々あると感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941

2020.10.09

菅首相のバイブルと、クールジャパンの象徴として。

こんにちは⭐︎

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも雨ぶろを
 
ご覧チリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日の休日は
 
久しぶりに横浜で
 
ゆっくりチルしてた
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人生初の
 
アーユルヴェーダも体験したのですが
 
近くに癒しのスポットがあるって
 
重要だなと
 
改めて感じております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて
 
私の休日の過ごし方の定番に
 
読書があるのですが
 
先日、一冊の本を読み終えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約一年前に
 
雑誌プレジデントで紹介されていた
 
当時官房長官だった
 
我が横浜市西区選出の菅さんのバイブル。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先月の総理大臣に就任した日に
 
古本屋で購入しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレジデント誌のインタビューで
 
菅さんは
 
こうおっしゃってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“学生時代は勉強はしませんでしたが、
 
もともと読書は好きで、
 
特に歴史ものを読み込んでいました。
 
みんな
 
織田信長や豊臣秀吉、
 
徳川家康あたりは
 
よく読むではないですか。
 
そんな中、
 
横浜市議会議員選挙に出る前後
 
だったでしょうか、
 
本屋で見つけたのが、
 
秀吉の弟について書かれた
 
堺屋太一さんの
 
『豊臣秀長 ある補佐役の生涯』
 
でした。
 
 
参謀に関する本も
 
いろいろありますけど、
 
このようなストーリー形式で
 
書かれた本というのは
 
なかなかないのではないでしょうか。
 
農家の生まれで
 
何もないところからスタートした
 
豊臣秀吉が
 
どうして大成できたのかは
 
もともと気になっていたことでもあります。
 
 
豊臣秀吉の本の多くは、
 
だいたい秀吉のいいところしか書いていない。
 
でも彼が世に出た裏には、
 
やはりこういう
 
しっかりとした支えが
 
あったのだということを、
 
当時非常に納得しましたね。
 
信長との関係性の変化など、
 
秀吉には
 
いろいろなことが降りかかりますが、
 
秀長のように
 
いつでも裏で
 
必ず守ってくれる存在が
 
あったからこそ
 
天下が取れたんだなと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その
 
横浜市議会議員選挙出馬について
 
2009年5月号の『新潮45』で
 
菅さんは
 
こうインタビューに答えてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“自分の人生の一番の勝負所だったと思う。
 
このとき、
 
失うかもしれないものを顧みて、
 
勝負に出なかったら、
 
今の私はなかったと思う。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし
 
その出馬は逆風の嵐の状況。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“「皆が私を降ろしにかかり、
 
小此木先生(彦三郎・菅さんが秘書を務めていた)も
 
『今回は止めておけ』と。
 
しかし、
 
子供のころから
 
歴史小説を読み漁ってきた私は、
 
こういう波乱の時こそ、
 
自分の運命が開ける前兆だと感じ取ったんです。
 
だから、
 
もう誰が反対しようが出ようと決心した」”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
話を再び
 
プレジデント誌に戻します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“秀吉は最初、
 
自分が天下を取ることなど考えていません。
 
それがいつの間にか、
 
たまたま秀長の
 
支えを得たことを機に、
 
大きな時代の流れの中で
 
突出していきますよね。
 
なぜ秀吉が
 
ああいう形で伸びていったのかというのが
 
この本を読むことによって
 
よくわかりました。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安倍・前首相が退陣した時のブログで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「棚ぼた」と表現しましたが
 
散歩同様
 
「ついで」で
 
日本の政治のトップには
 
なれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「歴史」「流れ」「読書」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さまざまな要素が重なり
 
時代が日本が
 
菅さんを参謀からトップに押し上げた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「仕事をする内閣」に
 
期待しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のチリンな一曲⭐︎

 
Nujabes feat. Shing02 – battlecry
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日も
 
Nujabes×Shing02の一曲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは
 
アメリカでも放映された
 
日本のアニメ
 
「サムライチャンプルー」の
 
主題歌。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リオで感じた
 
「ドラゴンボール」を始めとした
 
日本のアニメのクールさ(カッコよさ)と
 
影響力。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テニスの錦織圭選手が
 
Nujabesのファンになったのも
 
このサムライチャンプルーが
 
きっかけといいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本語で「哀愁」
 
英語で「ノスタルジック」
 
ポルトガル語で「サウダージ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Nujabesの世界観には
 
日本の「侘び寂び」が詰まっていると
 
聴いていて感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「クールジャパン」の象徴として
 
Nujabesを
 
東京オリンピックや
 
アフターコロナで
 
世界中の方々に
 
もっと知って欲しいと
 
私は思っております。
 

2020.10.07

ラテンの国から学ぶ。Nujabes×Shiog02

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほど昼食をとり
 
ホットコーヒーで
 
ホッとひと息
 
chillってる
 
チリン雨谷です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼食をとりながら読んでいた
 
インターネットニュースからのリンクで
 
日本サッカーを
 
茨城県の鹿島という地方の街から
 
大きく変えたジーコ兄弟の兄
 
エドゥ氏の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
が載っていて
 
感銘を受けましたので
 
ご紹介いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“私は、ブラジル人が使う
 
『マリーシアとは何か』
 
『ジェイチーニョとは何か』
 
を説明することから始めたが、
 
これはかなり難しい仕事だった。
 
こうしたメンタリティを教えるのは
 
簡単なことではない。
 
もともと日本には存在しない考え方だからだ。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“ジェイチーニョは
 
『ダメでもどうにかしてみせる』
 
とでも説明しようか。
 
例えば
 
『19時以降は入ってはいけません』
 
と入り口に書いてあっても、
 
誰も見てなければ構わないじゃないか、
 
という精神だ。
 
 
一般社会では
 
とんでもないことかもしれないが、
 
サッカーの世界では
 
決してネガティブなことではない。
 
私は日本の選手たちに
 
このジェイチーニョを学んでほしかった。
 
ピッチではもっと狡猾に、
 
回答はひとつではなく、
 
必ず解決策は見つけられる
 
というメンタリティでプレーしてほしかった。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリンでも
 
ジェイチーニョに近い表現で
 
「私にバレなければ
 
顧客満足を優先して構わないです」
 
と伝え
 
臨機応変な対応を求めています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリエイティブな
 
ブラジルサッカーの真骨頂のひとつ
 
「想像性」は
 
「回答はひとつではない」
 
という考えからきているように感じました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また
 
ジュニア部門を率いていた時には、
 
芝ではなく、砂の練習場を作ったという
 
エピソードも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“私たちが生まれ育ったのは
 
リオの庶民的な地区だった。
 
子供たちは道端で、
 
裸足でボールを蹴っていた。
 
靴を持っている者など
 
ほとんどいなかったが、
 
そのおかげで我々は
 
多くのことを自然に学んだ。
 
なぜなら裸足では
 
よりダイレクトにボールの動きを
 
感じられるからだ。
 
だから、
 
砂浜の練習場を作って、
 
裸足でプレーできるようにしたんだ。
 
そこではルールもなく、
 
ボールを蹴ることを楽しんでほしかった。
 
普段の練習の前に、
 
私は彼らをそこで遊ばせた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポーツ(sports)の語源は
 
ラテン語の「デポルターレ(deportare)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回のブログで
 
ブラジルには
 
スポーツ省があり
 
スポーツ大臣がいると
 
記しましたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「体育の日」が
 
「スポーツの日」
 
となった2020年の日本。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地球の裏側のラテンの国から
 
学ぶことは多く
 
また有益だと
 
改めて感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

 

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな一曲⭐︎

Nujabes × Shing02 – luv (sic) pt.2

 

 

 

 

 

 

Shing02といえば

Nujabes(ヌジャベス)との

luv (sic)シリーズ。

 

 

 

 

 

 

 

私、チリン雨谷が

リオ五輪を体感し

訪日外国人に

オススメするなら

このアーティスト!という

Nujabes(ヌジャベス)

https://ameblo.jp/marcy-projects/entry-12383703575.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハードなイメージだったShing02を

Nujabesの世界観が

見事に昇華させた逸品です。

2020.10.03

自然の法則。Exercise Is Medicine

こんばんは★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもチリンを
 
ご利用いただき
 
誠に有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2020年も10月に入り
 
秋の風を感じている
 
チリン雨谷です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本来なら
 
東京オリンピック・パラリンピックの
 
熱狂の後の時期でしたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
延期になり
 
なんだか不完全燃焼な感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんとなく
 
来年開催される予感が
 
私はするのですが
 
もちろん
 
まだまだコロナは鎮まっていないので
 
それまで
 
日々を楽しんでまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、
 
2020年10月ですが
 
なんと
 
満月を2度拝めるチャンス‼︎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満月は
 
特に女性のデトックスとメンテナンスに◎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日(金)から16日(金)までと
 
31日(土)がオススメです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世の中が
 
どんなに混乱しようとも
 
月は満ちて、欠ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この自然の法則を
 
心身のコンディショニングに
 
ぜひ活かして
 
自律神経の乱れやすい
 
季節の変わり目を
 
無事に
 
乗り切りましょう^_^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・横浜駅西口(WestSide)店 045-309-8941
web予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/e3e6k7/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIyNLM0MFOyrgVcMOmNC2o

 

・横浜駅東口(EastSide)店 045-900-1461

web予約 

https://reserva.be/chillin/about

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のチリンな一曲⭐︎

 
Shing02 – 真吾保管計画
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“86年ディエゴ・マラドーナスタイル
 
11人ごぼう抜き
 
先取点入れる口車の運転手…”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という歌詞で始まる
 
東京で産まれ
 
タンザニア、イギリスで育ち
 
15歳でカリフォルニアに移住し
 
ヒップホップに魅せられた
 
バイリンガルラッパー
 
Shing02(シンゴツー)の一曲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2バース目は
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“88年鈴木大地スタイル
 
スタートから水面下に潜水
 
アンダーの道を選ぶ”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先月、5年間の任期を満了し
 
退任された
 
初代スポーツ庁長官
 
鈴木大地先輩が登場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大学の時に買った
 
Soul ScreamのDJ
 
セロリさんのミックステープに
 
この曲が入っていて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「マラドーナと対比される大地さんってスゲーな‼︎」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と思いました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5年前に初代スポーツ庁長官に
 
任命されたとTVニュースで知った時
 
「こんなにふさわしい方は他にいないな」と
 
その爽やかな人柄から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
順天堂大学スポーツ健康科学部の前身
 
順天堂大学体育学部の初代学部長
 
東俊郎先生が
 
戦後、文部省に設置された体育局の
 
初代局長を務めた歴史から思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大地さんが
 
スポーツ庁長官時代に掲げていた
 
E.I.M(Exercise ls Medicine)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは
 
偶然にも
 
4年前の今日
 
リオ五輪で
 
私が感じたことを
 
記した時の言葉と同じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リオのあるブラジルは
 
「スポーツ省」という
 
大統領府官房庁に位置し
 
「スポーツ大臣」がいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現状の日本は
 
文部科学省の外局のスポーツ庁。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポーツに対する
 
日本人の価値観。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが変わると
 
この国がハッピーになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
引き継がれた
 
室伏広治長官に期待しつつ
 
私は
 
市民レベルで
 
挑戦したいと思います。

1 / 2112345...1020...最後 »